仕事の流れ  企画提案~アフターフォローまで

敷地調査

 (敷地状況・周辺環境の分析を行います)

・資金計画のご相談

・お客様の要望の整理・調整

(ヒアリングを重ね、過去の作品などを踏まえアドバイスを行

 います。)

・建物の企画・提案

(建物の大まかな概略の決定を行います。)


  ↓

・基本設計図書の作成

 (お客様のニーズを満たすプランの作成)

・役所事前協議

・収支計画の分析

 マンションなどの場合、家賃収入と借入金から 年間・月間

 の想定収支を作成します。)

・基本方針の決定

(上記を踏まえ、基本方針を大筋で決定します。)


  ↓

・実施設計図書の作成

 (基本設計を基に、仕様や詳細を決定すると同時に構造設計・

 設備設計を行います。)

・最終の決定

 (上記を踏まえ・最終の決定を行って頂きます。)

・入札依頼

 (すべての物件で複数の施工業者に入札を行います。規模にも

 よりますが、3社から8社で入札を行います。

 開封は全てお客様立会いのもとで行い、競争原理による適正

 コストにて工事を行います。)

・確認申請の提出

・工事請負契約の立ち会い

(入札金額・施工業者の実績などトータルで判断した施工業者

 と工事請負契約を締結します。)


  ↓

・現場監理

(施工図のチェック・工程の監理・各種検査の立会いなどを行

 います。毎週定例、月に一度総合定例を必ず行います。でき

 るだけお客様が出席できる日取りに定例を行い、お客様の参

 加を求めます。)

・役所検査

(中間検査・完了検査の立会いを行います。)

・追加見積の査定

(現場にてお客様による変更に伴う追加工事が発生した場合、

 我々の査定後にその都度、見積金額の確認を行い、変更する

 かの判断をお客様に仰ぎます。追加見積は、全てお客様の承

 諾済みの金額の請求となります。)

・引渡しの立ち会い

(まず施工業者の自社検査→設計者検査→お客様検査後に修正

 を行い、再チェックをお客様にして頂いた上での引渡しとな

 ります。)


  ↓

・1年後検査・2年後検査

 

(1年毎に2回の施工業者立会いのもと検査を行います。経年

 的な問題が起きていないか検査を行います。)

・アフターケア(万一故障等の問題が起きた場合は、速やかに

 対応します。設計者の責任が問われる場合は、金銭上の負担

 が生じることも考え、当事務所では建築家賠償責任保険に加

 入し、負担に応じられる体制をとっております。)